教員採用試験への心得

メインメニュー
サブメニュー
 

教員採用試験とは

現在の日本は、長く経済が停滞しており、就職活動に苦労する人も増えています。苦労した末にようやく就職できたとしても、安定して長く務めることができない人も多く、ことさらに公務員志向が強くなっています。その中でも人気が高い職種の一つに【教員】があります。日本での教職採用試験の希望者が1970年後半から少しずつ増え続け、1980年後半には、驚異的な倍率になる自治体が相次ぎました。その後、団塊の世代教諭の定年退職や、少人数学級の導入で、募集枠が増加した時期もありましたが、都市部を除く自治体では財源たる税収減少により予算が縮集され、臨時職員や非常勤講師を採用するようになり、さらに少子化による統廃合が進み、採用枠は抑えられる傾向にあります。

それでも人気の高い教員になるためには、【教員採用試験】を受けなければなりません。教員採用試験とは、都道府県及び政令指定都市それぞれが設置して運営している公立学校のために教員を採用するために行われる試験です。他の公務員試験とは異なり、都道府県及び政令指定年の教育委員会によって行われており、その内容は競争試験ではなく、選考試験と定められています。

ほとんどの自治体が、一次試験に学力試験と人物試験、二次試験に人物試験と、二段階選考を行っています。公立学校の職員は、この採用試験に合格し、採用候補者名簿に登載され、その中から教育公務員(正規職員)と、臨時職員、常勤講師とで構成されることが多くなっています。

都道府県別の合格倍率

全国的に教員採用試験は、倍率が高い難関の試験といわれています。その競争率の高さを目の当たりにすると、心が萎えてしまうかも知れません。しかし、教員採用試験は全国共通というわけではありません。ですから、もし教員を志・・・
詳細はこちら

採用試験の豆知識

教員採用試験は一般的に1次試験と2次試験から成り立っています。1次試験は筆記試験が中心となっており、ここで最終的な合格者数の1.5倍から3倍くらいまでに絞り込みます。そして、1次試験に合格した人だけが2次試験・・・
詳細はこちら

中学教員になるために

中学校の先生を目指す場合は、「中学校教諭」という免許状を取得しなければなりません。一般的に「教育大学」でしか取得できないのではと思っている人も多いかも知れませんが、そんなことはありません。教員免許取得の・・・
詳細はこちら
Copyright ©2014 教員採用試験への心得 All Rights Reserved